テーマ:J-POP

I Feel Coke

夏になるとこのさわやかなイメージが甦ります 何も言わず、まずこの曲を聴いていただけますと幸いです。 ~井上大輔 I FEEL COKE~ (I Feel Coke , I Feel Coke) (I Feel Coke) はじめてじゃないのさ いつでも一緒なら いま何か、感じてる、このフィーリング さわやか君に …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

FUNKY MONKEY BABYS 「ヒーロー/明日へ」

我が家が朝、流しているテレビ番組は「ズームイン!!SUPER」です。 別段理由があるわけではないのですが、なんとなくいちばんホッとする感じがあるからです。(また西尾アナが私の好みであることも否定しません。) そんなズームインで今秋のテーマソングとしてヘビーローテーションで流されているのがFUNK…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね

そのまんま東、ではなく東国原知事ですっかり有名になった宮崎産マンゴー。 過日、恩師より頂戴いたしました。 宮崎マンゴーといえば“太陽のたまご”が有名らしいのですが、今回頂戴したのは名前こそありませんが、ホントタマゴみたいに綺麗な形を赤み! 美味…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

勝手にシンドバッド (サザンオールスターズ無期限活動休止宣言について)

サザンの無期限休業宣言。 これは5月12日の東スポの「サザン解散!」という大きな見出しで騒がせた事の一つの回答だったわけですが、 ファンクラブ会報『代官山通信』ではすでに ・30周年記念ライブを夏に行う事 ・8月に新曲をリリースすること ・今年(2008年)一杯はサザンとして活動を行うが来年以降の活…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

日清カップヌードル

*ではまずはこの曲をBGMに行ってみましょう!! ボーンフリー・スピリット/ ロブバード 世界で最も食されていると言われているカップヌードル。 2006年現在250億食以上、容器を横に並べると、地球を59周、月まで3往復できる距離になるそうです。 浅間山荘事件で警察官が食していたこと…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

尾崎豊 71/71

*ジャケットをクリックしますとソニーミュージックサイトにて試聴できます。 わたしもいい大人、すっかりオヤジになりましたがそれでもどうしようもない憤りややりきれない不安など感じる事がしばしばあります。今でこそ酒や煙草を覚え、その苛立ちをまぎらわしています。 当然音楽で「自分の気持を代弁し…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

Alpen Best - Kohmi Hirose(広瀬香美)

*ジャケットをクリックしますと試聴サイトへリンクできます。 東京でも雪が降り、冬真っ盛りと言った感じですね。 ところで、ウィンターソングの定番と言えば誰を思い浮かべますか?世代によってまちまちでしょうけどユーミンと答える方が多分一般的なのでしょう。 ウィンターソング=ユーミンの背景は何と言っても…
トラックバック:2
コメント:13

続きを読むread more

白い恋人達 / 桑田佳祐

ジャケットをクリックしますと試聴できます 皆様、X'masはいかように過ごされましたか? 昨年、「クリスマスソング特集」というのをこの時期やったみたのですが今年はすでにクリスマスも終わり、年を越えようかというところまで来ておりますので、「冬真っ盛り!ウィンター・ソング特集」というのでもやってみようかなと思います…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

桑田佳祐/明日晴れるかな

2007年に入って桑田さんが発表した5年ぶりのソロ作品です。 ~試聴はこちらから~ 1:明日晴れるかな 2:こんな僕で良かったら 3:男達の挽歌 インタビューでこの曲を作るにあたり「エリック・クラプトンの461 Ocean Boulvardをつくっているような感じでやりたかった」とコメントしております。 「461オー…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

桑田佳祐 「風の詩を聴かせて」

が終わろうとしているこの時期、桑田さんの曲は妙に似合います。 8月22日にリリースされたこの「風の詩を聴かせて」も過ぎ去ろうとしている夏を惜しみたくなるこの時期の雰囲気に良く似合います。 すでに桑田さんの5年ぶりのソロ活動とソロとして初の映画主題歌採用ということから大きく話題になっているのは皆さんご存知…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

サザン・オールスターズ / さよならベイビー

試聴はこちらから:さよならベイビー サザンの曲は総じて「恋愛」や「夏」をイメージさせるものが多いですよね。最近の曲ではその傾向はかなり陰を潜めている感はありますが、やはり20年近く聴いている私にとっては 「サザン=夏」 という方程式はついてまわります。 桑田さんはあまりこの作品…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Kiroro / Best Friend

「ちゅらさん4」ご覧になりましたか?今回もほのぼのとした内容でよかったですね。親子の愛情を描いた前編もよかったですけど、個人的には実の姉妹以上に強い絆を持つ「ゆんたく三姉妹」を描いた後編に強く感銘を覚えました。ドラマながらすごくうらやましかったですねえ。恵理と容子さん、そして大好きなキャラの真理亜さんの三人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Kissin' Christmas~クリスマスだからじゃない / 桑田佳祐&His Friends

クリスマスソング特集の最終回第8回は桑田佳祐&His Friendsの「Kissin' Christmas」です。 作詞が松任谷由実、作曲が桑田佳祐という正に夢のコラボレーション曲で、有線ではこの時期必ずと言っていいほどリクエストがはいる曲です。 ですが、この曲はレコード屋に行っても手に入りません!!
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

山下達郎 / クリスマス・イブ

いまや山下達郎=この曲となってしまいました クリスマスソング特集第7回は山下達郎氏のクリスマス・イブです。 超ベタですいません、なにも当店にて取り上げる必要も無いだろうと思ったのですが、どうしてもこの曲は語りたくて・・・。 今や国民的クリスマスソング、山下達郎氏の顔は知らなくてもこの曲は…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

CHRISTMAS TIME FOREVER / サザン・オール・スターズ

大好評だったSASin表参道2005 X'masソング第3弾はサザンです。 サザンといえば夏のイメージが強いのですが、そこは商魂たくましい桑田さん、きちんと冬のレコードセールスも計算に入れてクリスマスソングを発表しております。 まずはお聞きください。 CHRISTMAS TIME FO…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サザン・オール・スターズ / Ya Ya ~あの時代を忘れない~

試聴はこちらから(Real Playerが必要です) Ya Ya ~あの時代を忘れない~ いまさら言うまでもなくSASの1982年に発表された16枚目のシングル、そしてSASを代表する初期のバラードの傑作です。私的には「いとしのエリー」よりも好きです! 実はSASの曲をこのブログできちんと記事にするのはこれがはじ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

浜田省吾 J BOY

やはり浜省といえばこのアルバムを抜きには語れないでしょう いまさら私が言わずとも日本のブルース・スプリングティーンこと浜田省吾が始めてオリコンで1位を獲得した1986年発表のアルバムです。浜省のアルバムの中でも最高傑作の呼び声も高い本作ですが、それは社会風刺、批判を背景に作られた作品であったり(アメリカに依存している日本の批判)や…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

桑田佳祐 「KEISUKE KUWATA」

1. 哀しみのプリズナー 2. 今でも君を愛してる 3. 路傍の家にて 4. Dear Boys 5. ハートに無礼美人(Get out of my Chevvy) 6. いつか何処かで(I feel the echo) 7. Big Blonde Boy 8. Blue~こんな夜には踊…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

映画「チェケラッチョ」とOrange Range

あんまりにも沖縄が恋しいがあまりについつい見てしまいました、「チェケラッチョ」。 以前、沖縄に行った際に機内のオンデマンド放送にて予告をしていたのでちょっと興味があったのですよね。舞台も沖縄だしぃぃぃ!! で「チェケラッチョ」の意味は英語の「Check It Out Yo !」なんですって。まあ早口で言えばそうなりますね…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

スピッツ ~ロビンソン~

最初「スピッツ」ってアーティストの「ロビンソン」という曲か、「ロビンソン」というアーティストのの「スピッツ」という曲かわかりませんでした。恥ずかしい・・・(#^.^#) 試聴はこちらから ロビンソン 前回、「Mr.Children」の記事でビートルズにメロディラインが似ていると記しましたが、このスピッツの「ロビンソン」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Mr. Childen -Cross RoadとInnocent World-

この作品を最高傑作と呼ぶ人も多いらしい・・「アトミックハート」 私はミスチルの大ファンというわけでもないのですが、このグループが出てきたときの第一印象が「すごくビートルズっぽくっていいなあ」と素直に思いました。 サザンのプロデュースも手がけていた小林武史さんがプロデュースを行ったこともあり、どこかビートリーなイメージがついたから…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夏の日の1993/2006

20代の夏が甦りますね、これ聞くと・・ 試聴はこちらから! 夏の日の1993 もっぱら洋楽一辺倒だった私ですが、結構J-POPというか日本のヒットチャートを細かくチェックしていた時代があったんですよね。 classの「夏の日の1993」は結構好きでしたねえ。なんか20代の甘酸っぱい記憶が甦ります。classってこの曲以外…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

SASニューシングル:「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」

あいかわらずエロティックなジャケットですなあ・・・。 「SASニューシングル 8/9発売!」でおしらせしましたようにサザンの8/9リリース新曲「「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」が発売されますが、発売に先駆けてスペシャルサイトが開設されました。 http://www.sas-fan.net/2006summer/…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

SASニューシングル 8/9発売!

夏が来る!サザンが来る! ・・・・・と行きたかったのですが、 何せ今朝最後の夢を託し早朝早起きしずっと応援していたのですが・・・・。 残念! でも玉田君、君はカッコイイ!岬くんは君だったか!よく戦いました、全日本! さて、気分を変えて今年の夏もサザンで熱くなる! 通算52枚目となるシングルのリリースが決…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

ビギンの一五一会

01:涙そうそう(一五一会バージョン) 02:海の唄(一五一会バージョン) 03:声のおまもりください(一五一会バージョン) 04:恋しくて(一五一会バージョン) 05:防波堤で見た景色(一五一会バージョン) 06:この街はなれて(一五一会バージョン) 07:その時生まれたもの(一五一会バージョン) 08:島…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

浜田省吾「Edge of the knife」

01  SWEET LITTLE DARLIN' 02  想い出のファイヤー・ストーム 03  恋に落ちたら 04  EDGE OF THE KNIFE 05  19のままさ 06  キャンパスの冬 07  愛のかけひき 08  途切れた愛の物語 09  ラストショー 10  遠くへ 試聴はこ…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

THE BOOM 「島唄」

試聴はこちらから島唄(オリジナル) もはや僕がどうこう説明する必要もないくらい有名なBOOMの代表曲ですよね。 昨今ではアルゼンティンの歌手アルフレド・カセーロが「SHIMAUTA」としてカバーしてアルゼンチンで大ヒットとなり、2002年FIFAワールドカップではアルゼンチン代表チームの公式サポートソングとして歌われ…
トラックバック:7
コメント:9

続きを読むread more

ケツメイシ 「さくら」

   会社の上司の送別会、大した思い入れその方にはないのですが、恩義があったことや、いろいろ面倒見てもらっていたり。また仲のよい上司の誘いで参加しました。その帰り道、駅前で葉桜になりかけている桜を見かけました。 この季節、少し前だと福山雅治の「桜坂」がこの季節、頭の中を…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

SASに見るエロの美学

サザンの曲は桑田さんのその性格かキャラの影響か結構エッチというかエロな内容の曲が多いですよね。その代表が「女呼んでブギ」(デビューアルバム「熱い胸騒ぎ収録」)ですが・・・。なんてたって女 呼んで もんで 抱いて いい気持ち  夢にまで見た Rug and Roll 女なんてそんなもんさなんて歌ってしまうなんて、当時にしてみればマジやばい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more