「あしたのジョー」Vs.「はじめの一歩」

画像
ボクシング漫画の二大ヒーローが握手!

今週(3/19)発売の週刊少年マガジンは創刊50周年を迎え、同じく50周年を迎えているサンデーと共にコラボレーションを行っていました。

恥ずかしながら、私は今なおマガジンを読んでおります。
私は漫画は大好きで少年時代、マカロニほうれん荘ドカベン750ライダーを擁した『少年チャンピオン』から始まり、キン肉マンやDr.スランプ時代の『ジャンプ』タッチうる星やつら時代の『サンデー』・・などなど必ず通学・通勤にマンガ雑誌を携帯しております。

そんな私が最も少年時代あこがれたマンガのキャラクターと言えばご存知矢吹丈
私みたいな男性はかなりいらっしゃると思います。

「ボクシング漫画と言えばあしたのジョー!!」と言われるくらいに伝説化している梶原一騎の最高傑作と言われるマンガです。
もはや説明不要の不朽の名作ですが、
原作のマンガ以上にアニメでの印象が強い人も多いかと思います。矢吹丈役のあおい輝彦さんと丹下段平役の藤岡重慶さん正にはまり役でこの二人以外には考えられない!!というのに異論はないでしょう。

また、「あしたのジョー」と言えばやはりこの主題歌が真っ先に出てくるのでしょうね。

~あしたのジョー~

私はオヤジがコミックをなぜか持っていて、毎日読みふけっていました。時を同じくするようにアニメの再放送もやっており、ボクシングを知ると同時にジョーに男らしさというか憧れを覚えるようになっていきました。

画像ちょうど『劇場版あしたのジョー』が公開され、その私の部屋はジョーのポスターだらけになりました。
私の場合、ジョーの主題歌というと上記に紹介したタイトル曲よりも劇場版の主題歌

美しき狼たち/おぼたけし
(*試聴できます)

のほうが印象が強いのです。


~ジョーはボクサーとしては並??~
24戦19勝19KO5敗1分・・・
これがジョーのプロとしての通算戦績です。ジョーの現実版として有名な辰吉丈一郎選手はプロ8戦目にして世界王座に君臨しております。それと比較するとあまりにも平凡・・・と言わざるをえません。
とは言えジョーの毎試合、正にボクシングに欠ける情熱は「記録には残らないが記憶に選手」として位置づけられるでしょう。
私にとってジョーの経歴でベストバウトとして挙げるとすればはやはり

カーロスリベラ戦

でしょう。あと、ジョーのつかの間の栄光の時代であるカーロス戦後から東洋太平洋チャンピオン奪取までのストーリーも好きです。

~男の美学!ジョーの名言~

画像なぜあんなにジョーにはまってしまったのかよくわからないのですが、おそらくジョーにはまったのは単にスポ根マンガとして面白いと言う以上にジョーに男の美学を見たからだと思います。
そのことは、連載当初の社会的反響ぶり(力石の葬儀よど号ハイジャック事件での発言など)からもうかがい知れます。

思うに、何かしら男と男の友情とか、下から這い上がってくる姿勢、飽くなき探究心などからも感じ取れるように私以外にもジョーに男の美学を見た人が多かったのでしょうか
ちなみにテレビでは『あしたのジョー2』(*OP映像等試聴できます)が放映されていましたがちょとオリジナルストーリーが盛りこまれたりしてちょっと違和感感じました。テレビ版はちょっとジョーが綺麗すぎるんですよね・・・。

ジョーの男の美学は彼のセリフから感じ取れます。
あのラストの名ゼリフ
「燃えたよ・・燃え尽きたよ・・・真っ白にな・・」

という言葉は実はカーロスリベラ戦が終わった後に乾物屋の紀ちゃんから「ボクシングをやめたら?」という問いに対してのジョーの答えに端を発しています。そのセリフ
「そこいらの連中みたいにブスブスとくすぶりながら不完全燃焼しているんじゃない…。ほんの瞬間にせよ、まぶしいほどまっ赤に燃えあがるんだ。そしてあとにはまっ白な灰だけが残る…燃えかすなんか残りやしない…。まっ白な灰だけだ。そんな充実感は拳闘をやるまえにはなかったよ」

はまさに今でも通用するのでは??
また男と男の友情についてもカーロス戦のあとにジョーは独り語ります。
「ついにおまえさんとはろくすっぽ口をきくこともないままにおわった。顔さえつきあわせればただひたすらに殴りあうだけでな。
だけど・・・・あのなつかしい力石の場合にしてもそうだったが、たがいの血と汗をたっぷりすいこんだグローブで徹底的にぶつのめしあった仲ってもんは
百万語のべたついた友情ごっこにまさる男と男の魂の語らいとなって俺らの体に何かをきざみこんでくれた・・・

これはもう美学と呼ばず何と呼ぶ!!!

画像
あしたのジョーは当時のコミックで全巻揃えております!


~一歩に元気をもらっています!~

画像1989年の連載開始以来08年現在で19年間の連載、単子本は80巻を超え今なおマガジンの看板コミックとして連載中の『はじめの一歩』。私の今の愛読マンガです。
アニメ化もされ、PSP.Wiiからもゲームを発売されるほどの反響を呼んでいるマンガです。

このマンガが好評な理由は主人公である幕の内一歩が「最初はいじめられっ子だったものの、ボクシングを通じて『強いとは何か』を学んでいく」と言う設定なのかもしれませんが、私は、一歩を取り囲む人々のストーリーも主人公以上に詳細に描写され、またボクシングシーンも程よくリアルスティックに盛り込まれている点にあると思います。

例えは悪いですが、キン肉マンもそれぞれのキャラが際立った特徴を持った為に主人公不在のストーリーも成り立ってしまうほどの人気となり、その意味で「はじめの一歩」もサブキャラ達の独立性がこのマンガの面白さを倍増させていると思います。

私はこのマンガを何回も読み直していて、特に疲れて仕事から帰ってくるとベットでこのマンガを読みながら時に笑い、時に励まされています!

~私の選ぶ「はじめの一歩ベストバウト!~

画像マガジンによる投票では一歩の日本タイトルマッチ再挑戦である「一歩 VS.千堂武士」戦が必ず1位になります。「ララパルーザ」と銘打たれたこの一戦、確かに見ごたえ充分ですし何よりも一歩がついに日本チャンピオンを手にした戦いでもあるわけですから当然でしょう。更には負けた千堂の男気も天晴れ!!なくらいです。

ですが、私が選ぶベストバウトは

「鷹村守 VS.ブライアン・ホーク」
「沢村竜平 VS. 間柴了」

の2戦を挙げます。
画像鷹村戦は念願の世界戦ということのみならず一歩達が憧れるジム頭、鷹村のひたむきなまでのボクシングへの情熱、また鴨川会長への実の父親以上の愛情、減量に苦しみながらも勝利したあの戦いは最高です。何せ入場シーンからドキドキしてしまいましたから。
とは言え、試合前からこんな「鷹村像」を制作注文するあたり、彼の豪快さも抜群なのですが・・・・。
(参考までに本物の鷹村像が作者森川ジョージ氏が会長を務めるJBスポーツクラブの屋上に設置されています)

沢村-間柴戦は高次元の技術戦に始まり、反則のオンパレードとなり、ダブルノックダウン、そして反則負け・・・、更には沢村が事故に合い引退、間柴は長期出場停止とあまり後味のいい試合ではなかったかもしれませんが「男と男の意地のぶつかり合い」として私は好んでいる一戦です。

はじめの一歩はまだまだ連載中、現在一歩のライバル、宮田一郎がランディ・ボーイJrと戦う章になっていますが宮田は父親の敵を討てるのしょうか?
そして、一歩はあのリカルド・マルチネスに挑戦する日が来るのか?また鷹村はなぜあそこまでベルトに執着するのか・・・?まだまだ楽しませてくれそうです。

画像
はじめの一歩も最新巻まで全巻揃えております!


ジョーも一歩もキャラクターこそ違えどボクシングをメジャーにしてくれた点での功績は大きいと思います。マガジンが今後どのようなコラボレーションんを企画してくるかわかりませんが、できればジョーと一歩を何か絡ませてくれませんかねえ・・・・。

参考URL
ちばてつやHP:http://chibapro.co.jp/
はじめの一歩公式HP:http://www.vap.co.jp/ippo/index.html
少年マガジン:http://www.shonenmagazine.com/works/ippo/

カフェ・喫茶店人気ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年03月24日 20:07
私も去年読み始めてから
かなり一歩ファンになりました!!
私は鷹村ファンです☆
今後鷹村がどうなるかドキドキです。。。
2008年03月25日 13:12
masabiさん
コメントありがとうございます。
私も鷹村ファンなんです。
彼が6階級制覇できるのか?鴨川会長は・・・

と気になるところです。
あと千堂も好きです!
2008年03月30日 15:33
うわ、ジョーの単行本!
私は兄の影響でチャンピオン→マガジン→サンデー→ジャンプと読んでいた少女でした。一歩は読んだことがないですが、面白そうですね。
ジョーのキャラは何人いるんでしょうか。
ショウ
2008年03月31日 07:01
ジャンプしか読んでこなかったので
イマイチ疎い自分です(T_T) 。
自分はヒールが好きなので
密かに力石が好きです。
元々階級の違う2人が戦う為に過酷な減量…。
そこには正義も悪も無い、あるのはプライドだけ…うーん、漢のロマン( ̄ー ̄)。
はじめの一歩ってそんなにコミックス出てるんですね!ネットカフェで読破したくなりました。コラボ企画もステキです。
2008年03月31日 13:02
えびさん
そうですか、お兄さんの影響で!!
一歩は面白いと思いますよ。もし機会があったら読んでみてください。
ジョーのキャラで有名なのは丹下段平とか力石ですかねえ。白木葉子というのも結構キャラ強いかも!
2008年03月31日 13:22
ショウさん
ジャンプは私も小.中と読んでいましたよ。北斗の拳とかね。

力石ファンは多いんですよね。私はどちらかというとその力石を最後まで引きずったジョーが好きなんです。

一歩は好みが分かれるかもしれませんが私は推薦します!
2008年05月19日 23:45
私も「鷹村守 VS.ブライアン・ホーク」が良かったですw

マジで闘った一戦ではないでしょうか?

そのあとは鷹村。。。

結構フザけて試合してますもんね。。。

でも勝っちゃうんだな。。。(-公- ;)

2008年05月20日 00:25
440サマ
コメントありがとうございます。
結構鷹村ってふざけた試合をしているようですが、鴨川ジムで一番の練習量を誇っている気がします。それゆえ一歩や他のメンバーも着いていっていると思うんですよね。

あの、オフザケぶりも結構好きですよ(笑)

この記事へのトラックバック