Dr.スランプ アラレちゃん

画像

な~んか、最近このアニメが我家でよくかかっています。
なぜって娘が今夢中なんですが、当然のことながら現在放映はされておりません!
つまり誰かが、娘にアラレちゃんを教えたのですがまあ、よくもこんな20年以上昔のアニメがレンタルビデオ屋にあったものだ・・・と感心してしまいます。

それはいいのですが、仕事から帰ってくるや否や
「キ~ン!」と走ってこられ、体当たりをかまされ、挨拶は「んちゃ!」・・・
パパと呼ばれていたのが、いきなり「はかせ~!」と呼ばれ、寝る前の挨拶は「グッチョバイ・グッチョバイ・グッチョバイバイ♪」

ずいぶんとまあお気に召したようでここ最近はスッパマンを気に入ったのかウメボシも一生懸命食べております・・・。しかし平成生まれのガキが何で20年以上も前のアニメにはまっているんだ?????

というわけで今我家ではこの歌を毎日聞くことができます。

『ワイワイワールド』

「来ったぞ、来たぞ、アラレちゃん♪」で始まる懐かしいこのオープニング曲、あの水森亜土さんが歌っていたんですね。知りませんでした・・。
90年代に入ってリメイク、再度アニメ化されましたがその時は既にいい大人になっていたので全く見ていませんでした。(ちなみに1997年~99年の間で放送)
そのときのオープニング曲が『顔でかーい』(←視聴できます)というもの。「いじめを助長する」という抗議が殺到してあえなく
『Hello,I love you.』(←視聴できます)という曲に変わってしまったそうです。

どっちにしても1作目のOP曲「わいわいワールド」のほうが印象的ですよね

画像この「Dr.スランプ」は別段私が記すまでもなく80年代、少年ジャンプに連載されていた鳥山明氏のデビュー作品。その画風と現在でも通じるギャグが受けて大ヒットし、アニメも大ヒットし一躍漫画界の巨匠へと氏を押上げた作品です。

また、その後のドラゴンボールへとつながる作品でもあります。
話はそれますが「Dr.スランプ」連載時は少年ジャンプの絶頂期だった気がします。事実この作品の連載終了、その後のドラゴンボールのストーリーが複雑化していった辺りから私はジャンプの購読をしなくなっています・・・。
私自身はがアニメ「Dr.スランプ」をスランプを見ていたのはおそらく放映開始の1981年から2年間程度だったと思います。その頃はちょうど妹が幼年期でよく見ていたと思います。

途中からエンディングテーマになったアラレちゃん音頭(試聴できます)は、当時夏の盆踊りになると「ドラえもん音頭」「オバQ音頭」と並んで「子供が喜んで踊る盆踊りの曲」として全国の盆踊り会場で流れていたはず!
当時お子様だった方は「めちゃんこ♪めちゃんこ♪めっちゃんこ~~!」と口ずさめばなんとなく踊れるのでは??

愛すべきキャラクターたち
このアニメにはアラレちゃん以外にも愛すべきキャラクターが数多く登場します。(詳しくはDr.スランプ.com参照)とても全員挙げる事ができませんし、覚えてもいませんけど特に私はこの3人が好きでした

ガッチャン
画像「クピ」「クピピ」「クププ」「ピピー」のガッチャン語が可愛い、本名「則巻ガジラ」
何でも食べてしまう、触覚からでる光線が赤ちゃんにも関わらずアラレ同等の強さを誇っていましたが、その愛らしさゆえ好きでした。結構ガッチャン語を今でも話すかな・・・。

スッパマン
画像「ウメボシ食べたらスッパマン」が合言葉の自称正義の味方、スッパマン
でも自分より強い敵だとわかった瞬間に媚びへつらい、自分の悪口を言われているのがわかるとその相手に手榴弾を投げたり・・・・とかなり卑屈な性格にかえって「こんなヤツいるなあ」と好感を持ってしまいました。またスーパーマンと違って実際には空も食べずスケボーで飛んでいる気になり、普段はクラーク・ケントのように変装しているその姿もバカ坊ちゃんという感じ。
何とも憎めないキャラでした。

ニコチャン大王
画像地球を「チタマ」と呼んでしまう自称「宇宙の王」。なぜか名古屋弁を話し「だぎゃあ~」という語尾を全国区にしたのはニコチャン大王の賜物でしょう。
大王の家来とのやり取り「大王さま、これでニコチャン星に帰れますね」とか母星に帰ろうとする資金作りがちり紙交換や汲み取り掃除屋など結構下積みが長いんですよね。

何とも時代ギャップが激しいなあと思っていたら、Dr.スランプ アラレちゃんDVD BOXが07年3月に、そして9月に後編が発売されていました。
当然、うちの娘はそんな事知る術はありません。「時代を先読みできるヤツだ。いっちょう買ってやるか!」と親バカしようと思ったら1セットな・なんと10万円・・・・・・。

高すぎる\\\

しばらく購入はないかなあ・・・・・・。

というわけで最後はやっぱりこの歌で
バイチャ!

『アレアレアラレちゃん』

参考URL
Dr.スランプ.com:http://www.j-drslump.com/
東映アニメーション:http://www.toei-anim.co.jp/tv/arale/#hoyoyo

Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX んちゃ編

カフェ・喫茶店人気ブログランキングへ
Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX んちゃ編

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

FORTUNE
2007年11月04日 14:17
こんにちはー。ちょい久しぶりに訪問させていただいたら、アラレちゃんだ!うちの子達も大好きですよ。今、アニマックスというアニメ専用チャンネルでやってるんです!(http://www.animax.co.jp/feature/index.php?program=NN10000551)うちはアニマックスには入っていないものの、よく行くうちが入っているのでよーく知っているのです。ちなみに、他にも一休さんとかど根性ガエルもやっているらしいです。
2007年11月04日 14:32
この前、ニコチャン大王の名前が思い出せなくて彼と必死に考えてました。
そのまま忘れてて今日偶然にこの記事が!!
アラレちゃんは私もよく見ました~。
確か映画館でも子供の頃見た気がー?!
ガッちゃんは好きだったな~。
2人になった時はびっくりしましたよぉ^^*
なつかし~☆
2007年11月04日 17:36
きのこの憎めないのが好きでしたねえ。
うーほほお~いー!!っていうのは
未だに使っています。
バイチャはバイナラの後くらいによく
使用していた気がします…。
なみへー
2007年11月04日 22:45
オープニングの曲もエンディングの曲も歌えた自分にちょっとビックリでした。(^^;)
2007年11月05日 12:25
あまりの懐かしさに涙が出そう。
ニコちゃん大王は「ニコちゃん大玉」とアラレちゃんに呼ばれてましたね。
月や太陽が喋るという発想が画期的でした。
2007年11月05日 13:14
FORTUNEさん
ご無沙汰してます。アニマックス、知ってますけど私も加入していないんですよね。ブロードバンド放送もやってるんですよねえ。
一休さんやど根性ガエル!! 見たいなあ・。
2007年11月05日 13:25
masabiさん
思い出すきっかけになりました?
ガッちゃんは実は実は神様が人類が悪い文明で満ち溢れたら食べつくすように送り込まれた天使だって説があるんですって。
2007年11月05日 13:33
えびさん
たしかきのこちゃんってテクノカットのちょっと生意気な感じの子でしたっけ?アラレちゃん達の攻撃にちょっとおチビりしちゃうんじゃ??
2007年11月05日 13:38
なみへーさん
では、今度はぜひあられちゃん音頭が踊れるかトライしてください♪
私はだめでした・・・。
2007年11月05日 14:32
『キィーン、ウンチャッ(笑)』アラレちゃん、流行りましたねぇー。よく覚えてますよぉー(笑)『バイチャッ』(~0~)/~
2007年11月05日 14:54
kakiさん
でしょ?懐かしいですよね。
私もあの世界観が好きでした。今ビデオ見直しても結構面白いですよ。
2007年11月05日 15:15
本Dogsさん
んちゃ!(って私がやってもかわいくないですね)
今でも結構ファンが多いらしいですよ。
2007年11月05日 19:04
へぇ~♪ヘェ~♪へぇ~♪<ボタンを押している(笑)>へぇ~20(~~;)あらゆるものに、ファンがいますからぁー。世の中、成り立っているんでしょうねぇー(笑)
2007年11月05日 20:29
本Dogsさん
多分、作者の鳥山明氏のファンがアニメファンには多いからではないでしょうか・・。
実際はわかりませんけど。

この記事へのトラックバック

  • 南アフリカW杯便乗!ペンギンに会いた~い!

    Excerpt: ボツになっていた企画を持ち出しました。 昨年南アフリカを訪れた際の話なのですが、忙しさにかまけて記事をアップし損ねてました。 その際訪れた場所2回にわかて記したい.. Weblog: Wood Eight Cafe racked: 2010-06-02 09:35