BOSTON / Third Stage (ボストン/サード・ステージ)

画像
*ジャケットをクリックAmazonの試聴サイトへジャンプします。

8年に1枚しかアルバムを発表しないというバンド・・・ボストン
と言っても松坂大輔君の所属するレッド・ソックスのことではありませんよ。
今回紹介するこの「サード・ステージ」というアルバムは1986年に発表されました。
先に暴露しますと、私はこのアルバムを聴いたことがないのです。なのになぜ取り上げたのかと言いますと、このアルバムには私が名曲中の名曲と思っている曲が収録されているからなのです。
画像
*タイトルクリックしますと全曲試聴、ジャケットクリックしますとライブ視聴ができます。

この曲、「アマンダ」は1980年には既に完成されていたそうなのですが、トム・ショルツの飽くなき作品へのこだわりからきちんと聴くには86年まで待たねばなりませんでした。
しかし待った甲斐あり、美しいメロディライン、見事なまでの曲の転調。シンセサイザーを一切使っていないにも関わらずとても重厚なギターの音・・・・。完璧なまでのバラードだと思います。
サビの「I'm gonna take you by surprise and make you realize,Amanda」という部分もすきなのですが、途中、「You and I . I know that we can't wait And I swear, I swear it's not a lie girl
~」と続くラインは涙があふれそうになります。


ボストンの時空を越えた空間飛行
画像1976年ファーストアルバム「幻想飛行」を発表。最近CMでも使用されている「More Than Feeling (宇宙の彼方へ」(*視聴できます)が大ヒットしました。
ボストンはその名の通りボストンにて結成。中心人物であるトム・シュルツはMIT(マサチューセッツ工科大学)出身の奇才。自分でエフェクターやアンプまで開発し販売してしまうというとんでもない人です。

画像
1作目が爆発的ヒットを受けて発表された二作目は初の全米1位を獲得。さらにメロディアスあつ緻密に計算されたかのような曲作りはアメリカン・プログレッシブと呼ばれるまでに至りました。

この2枚目発表後トム・シュルツは自身の納得いくまでのレコーディング活動に没頭するようになってしまい、新作を待つまで8年もの歳月を待たねばなりませんでした。そのためレコード会社から契約不履行で訴えられるという事件も起きてます・・・。

ボストンの作品はアルバムジャケットがすべてUFO的な飛行物体を描いております。本人達が意図しているかどうかはわかりませんが音楽業界の流行は非常に早く動きます。ボストンは異常なまでのスローペースで作品を発表しているのですが、その音楽感や世界は全くぶれておらず正に「ボストン時空を旅している」感を抱きます。タイムスリップしたかのようにどのアルバムを聴いてもボストン節のままです。(私はやはり1作目のイメージが強すぎるのですけど)

画像画像
この8年に1枚というペースはその後も守られ(?)続け、94年「Walk On」、そして2002年に「Corporate America」と発表してきています。
そのためファンの間では「次作発表は2010年」と推測されており、07年に全米ツアーを発表、新作のための肩慣らしだろうと期待を胸に膨らましていましたが・・・・・・・。

ブラッド・デルプの死
ボストンのヴォーカリストだったブラッド・デルプが今年3月9日、ニューハンプシャーの自宅で亡くなりました。助けを呼ぶ電話で救急隊が駆けつけたときには、すでに息を引き取っていたそうです。55歳でした。ボストンのサイトには、「ロックンロールの世界でいちばんのナイス・ガイを失ってしまった」との声明が掲示されています。トムシュルツはサイトの冒頭にはブラッドの家族への哀悼を表すとともにこの夏からのツアーのキャンセルを発表しております。

ボストンの時空を越えた飛行は再び行われるのでしょうか・・・・・。

参考URL
オフィシャルサイト:http://www.bandboston.com/
ボストンオルグ:http://www.boston.org/
ソニーミュージック:http://www.sonymusicshop.jp/smdr/sms/shop/goods/artist_goods.aspx?artist=43013200

サード・ステージ
カフェ・喫茶店人気blogランキングへ


サード・ステージ

この記事へのコメント

2007年04月16日 13:02
これはアルバム持ってました。
CDが普及した当初の思い出のアルバムです。
美しいメロディーラインの曲が多かったですよ~。アマンダ以外にも。
懐かしいな~。
2007年04月16日 14:23
kakiさん
今、ボストン以外にも産業ロックと呼ばれたミュージシャンが再評価されているんですよね。非常にキャッチーなメロディが多いので聴きなおしても違和感なく受け入れられるんですよね。フォリナーとかも!
2008年09月09日 21:28
はじめまんて!

ボストンは、大好きで何度も何度も聴いてるのでふが、ここに立ち寄らせていただいて、はじめてライブ映像があることを知りまんた! ありがとうございまふ!

やっぱりブラッド・デルプ! なんて清んだ声の持ち主なんだろう……。亡くなってしまったのが、とても残念でふ……。

でも、さいきん新しいボーカリストを発掘して、再活動しまんたよね!
2008年09月11日 20:26
猫のマフィさま
はじめまして!

コメントありがとうございます。
ボストンの映像は私も偶然見つけました。

そうですか、新しいヴォーカルが入ったのですね、新生ボストンがどうなるか楽しみですね!
情報ありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 中古店巡りの戦利品(その3) - ボストン「サード・ステージ」は曲が良いですなー

    Excerpt: 中古店でCDを2枚買ったんだけど、もう1枚がコレ。 うりゃ! 以前から欲しい、欲しいと思いつつ買いそびれていたボストンの「サード・ステージ」。 まだ2回しか聴いてないですが、.. Weblog: POP'nBlog racked: 2007-06-04 00:02
  • 華麗なる『産業ロック』に乾杯!

    Excerpt: 今回連続して取り上げたエイジア、ジャーニー、ナイトレンジャー、TOTOといったアーティストは「産業ロック」というジャンルに一括りにされることがあります。 ほかにも「ボストン」や「スターシップ」、.. Weblog: Wood Eight Cafe racked: 2008-10-05 18:49