テーマ:千葉

ふなばしアンデルセン公園

岡本太郎作「平和を呼ぶ」像。船橋市の平和都市宣言記念として1988年10月に建立されました 私が生まれ育った土地は千葉県船橋市です。はっきり言って今も愛着が残っております。 私が育った場所は船橋の北の方なのでどちらかと言えば田舎! 雑木林や畑や田んぼが数多くありました。今はその面影を失いつつありますが、それでも…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マスター思い出の場所~津田沼駅周辺(Love Our Bay 千葉特集Ⅲ)

*この記事はきわめて地域限定的かつ個人的な想いのみで記されています。 えっと、BGMにこんな曲でもかけてみようかと思います。 Say Goodbye To Hollywood/Billy Joel 幼い自分から青春時代・・・。千葉に住んでいた私にとって東京はあまりにも遠い憧れの土地でした。 物理…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

津田沼 こってりらーめん「なりたけ」

ちょっと機会があって千葉県のJR津田沼駅を降りました。 この土地には私が若い時分に良く通ったラーメン屋があります。 その名は「こってりらーめん なりたけ」。 千葉県No.1という評判も当時あったお店です。 なりたけが開業したのは1996年のこ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ついに制覇!船橋ラーメン横丁 「六角家」

というわけで再戦(リベンジ)を果たしに再び船橋に乗り込んだ私は、船橋ラーメン横丁にて入店していない最後のお店「横浜 六角家」へと足を運びました。 「横浜 家系」というラーメンのジャンルは私も良く知りません。横浜駅界隈に「・・家」と名乗るラーメン屋が存在し、その中でも『吉村家』が元祖でだんだん分派していったというくらいなものです…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

船橋ラーメン横丁「匠屋」

ちょっと、船橋に行く用事があり、久しぶりに行って参りました。 最近はほとんど船橋駅でおりる事がほとんどなので、お昼ご飯はやはりラーメン横丁!というわけで又も行ってしまいました。 すでに青葉とくにがみ屋を制覇している私としては残る2店、「匠屋」か横浜の家系の「六角家」か・・・。 う~ん、悩む・・。 六角…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

船橋ラーメン横丁「くにがみ屋」

最近、船橋に行く機会がめっきり減ってしまいましたが、久しぶりにJR船橋駅を降りました。 もともと地元なのですが、船橋駅近辺は、これまでラーメンに関してはあまり「おいしい!」と思える店が少なく行く機会がほとんどありませんでした・・・。 ですが、このラーメン横丁の登場以降すっかり様相が変わってしまったような気がしま…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

船橋らーめん横丁「青葉」

秋のお彼岸で、1ヶ月ぶりに千葉県に行きました。JR船橋駅は私はあまり利用しないのですが、たまたま今回はイトコや妹と待ち合わせのためこの駅を使ったのですが、なんと船橋にもらーめん横丁なるらーめんタウンができていたのですね。 噂では聞いていたのですが・・・・・。 というわけで、これは「早速調査せねばならない」という訳のわからない…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

夏草や兵どもが夢の跡(ぜ~んぶゴミ!)

「思い果てなく・・・」シリーズは、自分なりのこれまでの過去の振り返りや郷土への想いを記したのですが、超プライベートネタにも関わらず、かなり反響を呼んだらしく、いろいろご心配をおかけしたり、励ましのメールいただきました。・・・すいません<(_ _)>。 おかげさまで家もリフォームが施され、新しい家族も入居し、実家も喜んで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

想い果てなく・・最終章(そして未来へ・・)

どうにかこうにか実家からの荷物の片付けも形がつき、収納しきれない荷物は後日ということで、我々兄妹は帰路につくことにしました。 今回はせっかくのリゾート地ではありましたが、目的が目的だったためゆっくりすることもなく、軽井沢を後にすることになりました。 疲労がピークだったこともあっため、渋滞の中長距離運転は自信がなかったので、できるだけ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

想い果てなく・・Ⅱ(そして軽井沢へ)

夜の関越道を北上し、我々が向かった先・・・・それは長野県の御代田町というところでした。御代田町と聞いてピンときた方もいらっしゃるかもしれません。冬季トリノオリンピックで有名になったカーリング場があることで一躍有名になった町です。そして最近では西軽井沢と呼ばれている地域です。そしてそこには両親が残してくれたもう一つの家があるのです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

想い果てなく・・(さらば!わが家・わが街・わが故郷)

激動の1週間でした。以前「故郷」や「故郷その2」でも触れましたが、父母他界後なんとか維持してきた私の実家をついに引き上げる日がやってきました。 兄妹そろって過ごす最後の実家での夜、それぞれの部屋、家具に詰まった思い出に思いにふけても時間は止まることなく進み、やがて朝を向かえ、引越し業者がやってきて荷造りが始まりました。 …
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

近所の飲み屋(Love Our Bay 千葉特集Ⅱ)

千葉に戻ると、実家には今誰も住んでおらず、自炊をすることも面倒かつ調理器具も片付けてしまっているので、大体は外食で済ませています。 ファミレスなどではどうしても胃が受け付けないというか飽きてしましますし、もちろん、実家方面にも「天狗」のような居酒屋はありますが、やはり所詮大衆チェーン居酒屋・・・・なんかこう食欲をそそりません。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

習志野台「中華料理五十番」(Love Our Bay 千葉特集!)

僕の生まれ故郷は千葉県船橋なんですが、これまでは父母がいなくなった後も家は残っていましたが、諸事情により家を保持することを断念することになりました。 それまで、あまり千葉という場所に愛着はなかったのですが、両親の死去が私に故郷の感情を生ませたのかもしれません。 で、この「中華五十番」なんですが、別に家族で何度も行った店と…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

童心に帰りたい・・・・(Kitahara Toys Town)

中の様子は50年代のアメリカンPOPという感じ・・ 僕の実家の隣の駅にイオンがあるのですが、そこに「KITAHARA TOYS TOWN」というアミューズメントスペースがあります。「開運・何でも鑑定団でおなじみ、ブリキのオモチャコレクターとしても有名な北原照久氏プロデュースのアミューズメント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

故郷(その2)と先祖の供養

 今、僕の実家の方では再開発が進んでいます。それは、「芽吹の杜」という名の開発プロジェクトですが。 かつて僕が住んでいた街は正直都心なのに緑豊かで森で多く、夏にはカブトムシやクワガタ、沼ではザリガニ釣りができたような田舎でした。森にはたぬきが出たり木々にはリスがいたり、春になればウグイスがさえずるような・・・そんな街でした・・・。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

故郷

 僕には故郷がない.....というと大げさだけど、故郷ってなんだろうと思うことはよくあります。実家とか生まれ育った場所が故郷なら千葉県船橋市なんだけど、両親はぜんぜん違うところの出身、いわゆる当時の新興住宅地。最近昔あった森も宅地化され、面影はすっかりなくなってしまいました。  たとえば自分の親が引っ越してしまうと故郷ってどうなる…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more