テーマ:旅行

南アフリカW杯便乗!ペンギンに会いた~い!

ボツになっていた企画を持ち出しました。 昨年南アフリカを訪れた際の話なのですが、忙しさにかまけて記事をアップし損ねてました。 その際訪れた場所2回に分けて記したいと思います。 南アフリカ、ケープタウンに訪れた際にどうしても見たいものがありました。 それは・・・・・ ペンギン!…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

カルカッタのカレーはカラカッタ

ヒンドゥー教の神様ガネーシャ 以前にも記しましたが、インドの料理と言えば誰しもがカレーと思い付くでしょうが、インドにはカレーなる料理は存在しません。 「インド人は毎食カレーを食べている」 などと言わまずが、これもいわゆる偏見です! 日本人がカレーとして思い描くいわゆる「カレー」{%カレーライスde…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コルコタ(カルカッタ)は軽かった?

Don't Worry Kolkataって言われてもなあ~~ インド滞在二番目の都市はコルコタです。 昔の名前でいうカルカッタです。 場所はというとこの辺です。 インド第二の都市であり、現在は人口約4580万(市区は1320万人)。その発展の歴史はイギリス植民地統治と深く結びついています。 1690年にイギリス…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

インドのマックは牛肉0%

世界中どこにでもあるマクドナルドですが、当然インドにも存在しております。 今回、機会ありましてちょっと立ち寄ってみました。 有名な話ですが、インドにはビッグマックやダブルチーズバーガーなどは存在しません。あるのはチキンバーガー系のみです。 そう、インドではマックは牛肉0%なのです。 なぜかと言えば、そうインドでは牛肉を食…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

チェンナイって知んない?

インドの到着の最初の都市はチェンナイです。(タミル語:சென்னை、英語:Chennai) 昔の名前ではマドラスと呼ばれていた都市です。 場所はこの辺です。 インド南部最大都市で昔は東インド会社の重要な拠点だったそうです。 インドの都市といえばデリー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

愛の戦士レインボーマン

最近BRICSやらNEXT11やらという表現で代表されるように仕事をしていると必ず持て囃される経済発展が著しい国々があります。 で、その代表格であるインドに行って参ります! もちろん出張でですが。 で、唐突にすいません。 インドというと皆さんは何を…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

Merry X'mas In Summer

じいちゃま・ばあちゃまも連れ立ってのクリスマス休暇はやはり暖かいところでということで、今週のクリスマスウィークは寒い日本から離れております。 本当は沖縄に行きたかったのですが、さすがの沖縄も12月は海で泳いだりして遊ぶことが出来ないので泣く泣く断念・・・。 娘もプールや海で…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

こもろ寅さん会館

長野県小諸市に寅さん???? 寅さんといえば葛飾柴又ではなかったっけ??? 「男はつらいよ」の監督の山田洋次さんはたしか大阪の出身だし、寅さんこと渥美清さんも東京出身なはず・・・・。 「山田洋次の世界」、「渥美清」と記されているということは山田監督の関連なのでしょうかね? 建物には渥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ケープ・タウンでシーフードを堪能!

大変ご無沙汰しておりました。 激動の南アフリカ出張編を記している途中で、わたくしめが勤めている会社でも激動の動きがあり、ちょっと疲れのあまり更新をサボってしまいました。 と言うわけで、なかなか先に進めないケープタウン編ですが、今回は港町ケープ・タウン{%ヨットwebry…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

南アフリカ屈指の観光地!「ケープタウン」

ケープタウンのシンボル!“テーブルマウンテン” 日本人にとっての南アフリカのイメージ、または南アフリカへ旅行される方の9割がたの目的地となっているのが、ケープ・タウンでしょう。 ヨハネスブルグでは出会わなかった日本人観光客もここでは多く見かけます。 こちらはケープタウンの観光スポットの一つであるウォーター・フロントです。 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

南アフリカの肉とワインはうまいぞ!

南アフリカと言えば前回のレポ「世界一危険な都市?ヨハネスブルグ」のように治安が悪いとかとかく、マイナスイメージがつきますが、実は料理が美味しい国なんです! オランダ、イギリスの流れを引く白人が住んでいるはずなのですが、(大抵欧州諸国では料理で散々な目にあいます)出会う料理、出会う料理美味しくいただくことができ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

世界一危険な都市? “ヨハネスブルグ”

2010年W杯決勝の都市 [ヨハネスブルグ] ブログ村キーワード 仕事の関係上、治安が不安定だよ!というところを訪れたことは何度があります。 例えばフィリピン・マニラ、メキシコシティ、サンパウロなどなど・・・・。 しかし、どこの都市もこのヨハネスブルグには敵わないそうで…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

ドバイって本当に中東?

中東と言えばこんなイメージ? やっとこさ、ネット環境が安定しているところに腰をすえて書けるようになりましたので「 ドバイってど~ばい(ど~だい)?」からの続編です。 アラビアンナイトや昨今のニュースの影響でしょうけど、大体中東といえばイスラム教でなんとなくひげもじゃのターバン巻いたまいた人だらけ。女性は目だけとか顔だけしか出して…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

ドバイってど~ばい(ど~だい)?

アラブの王様だ~い ドバイに来ております。 えっ?ドバイってどこ?って? はい、簡単にご紹介します。ドバイとはUAEアラブ首長国連邦の最大都市国家です。 イスラム国家の中でも近代化が進み、中東の中でのずば抜けて発達、悪い表現を記すとすれば西洋化している都市です。 詳しくは関連サイトでも見ていただきたいのですが、今回初め…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

久々の海外出張です

ご他聞に漏れず私が働いております会社も景気悪化の影響等々で大変厳しい環境でございます。 そのために海外への出張も厳しく制限されているのですが、今回珍しく許可が下りまして久々に外にでて仕事をいたしております。 と言っても志願したわけではないのですけど・・・・
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

スピリチュアルプレイス?~御代田町 真楽寺~

冒頭の写真のこの池。 写真ではわかりにくいかもしれませんが、とても透明度が高く、そしてまわりがどことなく神秘的です。 何か霊的なものが出てきても不思議ではない雰囲気の場所です。 この池の名は「甲賀三郎伝説の大沼の池」・・・。長野県の御代田町にある真楽寺のふもとにある池です。 甲賀三郎伝説について…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

佐久一萬里温泉

先日、梅雨明けの信州に行ってまいりました。目的は別宅の湿気取りと空気の入れ替えなんですけどね。 家の片付けも峠を越したので、最近長野のほうに行きますと、大抵温泉めぐりをしております。 今回は近所にあるのになかなか立ち寄らなかった一萬里温泉というところへ行ってみました。 こちら一萬里温泉はホ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

士林夜市を散策(その2)

さあて、台北士林夜市市場といえばB級グルメ! と言っても過言ではないくらいここには安くて美味しい食べ物が揃っています。 どうです?どこか那覇の牧氏市場とどことなく似ていません? このフードコートは士林臨時市場と呼ばれている場所にあり、美食市場とも呼ばれています。 ちょっと衛生的には??…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

士林夜市を散策(その1)

海外出張と言うとなんとなく華やかというイメージがあるかもしれませんが、私の場合日中は仕事漬け。 夜も仕事がらみでの食事。現地のオフィスや現場とホテルの往復というのが実態です。それでも空いている時間を縫ってその土地の文化とか名所みたいなところはなるべく行ってみようと常に心がけておりますけどね。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

歓迎光臨 ! 台湾

台湾ビールでカンパイ 先週は1週間仕事のために台湾、台北市に滞在しておりました。 自身久しぶりの台湾でなつかしくもあり、新鮮でもあり・・・・・。 ちなみに表題の「歓迎光臨」とは北京語(いわゆる中国語)で「ホワイングワンリン」と読み「いらっしゃいませ!」という意味です。 中国…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

あさしな温泉 穂の香乃湯

長野のほうへ静養に出かけますと最近楽しみなのが温泉めぐり! 浅間山という活火山が近くにあるせいなのか、結構温泉が多いのです。 ただ、軽井沢方面ですとものすごい観光客数のためもっぱら佐久市の温泉をめぐっています。 今回訪れたあさしな温泉も最近通っている場所のひとつ。佐久市の外れに位置し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ダッチ・オーブン

今週は長野の御代田町に来ております。 最近、会社の先輩共に来る事が多くこの方が結構山男と言いますかアウトドアの達人なんです。 まあ、たくましいというか枯れ木の伐採から調理まで何でもこなしてしまう、私にとっては便利な頼もしい先輩なのです。 特に調理に関してはなかなかの腕前で結構うまいのです。{%フォーク&…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ピングーと遊ぼ!~NASPAスキーガーデン~

若かりし頃スノースポーツを楽しんでいたけど、子供ができて以降めっきり・・・という方、結構多いんじゃないでしょうか? やはり子供、しかも赤子連れともなるとスキー場にいくことすらママならない・・・という方も多いかもしれませんね。 私もうちのガキを冬山デビューさせたのは1年前から。都会…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

再見!中国(中国旅記雑記)

こんばんは、鯉に恋したマスターです。(写真と本文はダジャレ以外の関係はありません) 当店のお客様ですとお気づきだろうと思いますが、私は中国に絡む仕事をしております。 今回の中国レポがダラダラとアップを伸ばしているうちに異動になり、しばらく中国への出張はご無沙汰になるかもしれません。 中国関連の記事は当面ない・・・かな?? …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

食は広州に在り?(木桶飯)

「食は広州に在り」という言葉ご存知ですか?中国語では「食在広州」と書くのですが、まあ広州の食は一番という意味です。 「生在蘇州、穿在杭州、食在広州、死在柳州」(景色の良い蘇州に生まれ、絹織物で有名な杭州の衣服を身につけ、美味しい広州の料理を食べ、良い材木の出る柳州産の棺桶に入る→これが最高の一生だという意味です。)のうち広州だけが…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

広西壮族(チワン族)自治区博物館

*上の写真をクリックしますとアルバムをご覧いただけます。 え~、お待たせしました。_(_^_)_ 中国珍道中の続きです。 現在の中国は漢民族が主民族とされ、漢民族以外に55もの民族が生活をしております。その漢民族以外の民族を少数民族と呼称しており、建前上は中国政府は各民族の自治や文化を尊重するような政策を取っております。 …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

中華料理って南寧(何ねい)?

世界三大料理の一つである中華料理ですが、 私がよく受ける質問に 「中国ってさ、中華料理の本場だから一番中華料理うまいでしょ?」 というものがあります。 私はこの手の質問に対しては必ず「中華系国家の中で中国は一番まずい!」と答えています。 不思議に思われるかもしれませんが、私の舌の感覚では台湾、香港、シンガポールとい…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

広西チワン族自治区南寧市を訪ねて・・・

今回の出張は上海は1泊のみですぐに南寧市に移動しました。 「南寧って何ねい?」 という私みたいな親父ギャグをかましてくれる方・・・大好きです! 南寧市(ナンニン)は中国の南西に位置しヴェトナム国境から200kmほどしか離れていない場所です。 「広西省チワン族(荘族)自治区」(←クリックすると地図が出ます)の首府(県庁所在地み…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

羽田空港で海外へ

今週は中国に来ております。 (それにしてもなんかいろんなところにいるなあ・・・・・) 関東近郊だと海外へ旅たつ場合は成田空港へ行くのが一般的ですが、かつては羽田空港が海外への玄関でした。 ご存知のように昭和53年1978年に新東京国際空港(成田空港)の開業に伴い羽田空港はほとんど国内線専用となりました。台…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

つばさ限定!米沢牛すきやき弁当

*こんなお弁当でも仕事・仕事の毎日だと唯一の楽しみになっていくのです・・・。 皆様、ご無沙汰しております。 なにせ、今週は激務・激務の連続で全く!!と言っていいほどパソコンの前に座ってブログを書こうなんて時間がありませんでした。 週の中ごろからは山形県の天童市に出張・・・。 確か去年の今頃も来て…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more