テーマ:サザンオールスターズ

サザンオールスターズ 真夏の大感謝祭 ~思い出はいつの日も雨~

行ってまいりました 『サザンオールスターズ 真夏の大感謝祭30周年記念ライブ』。 すでにSASファンならご存知でしょうが、サザンは今年いっぱいをもって活動を無期限休止を発表しており、30年間の感謝の意味を込めてこの夏、8月16,17,23,24日にコンサートを行うことになっておりました。 実は…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

勝手にシンドバッド (サザンオールスターズ無期限活動休止宣言について)

サザンの無期限休業宣言。 これは5月12日の東スポの「サザン解散!」という大きな見出しで騒がせた事の一つの回答だったわけですが、 ファンクラブ会報『代官山通信』ではすでに ・30周年記念ライブを夏に行う事 ・8月に新曲をリリースすること ・今年(2008年)一杯はサザンとして活動を行うが来年以降の活…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

『桑田佳祐 LIVE TOUR 2007』に行って参りました

横浜アリーナにてフィナーレを迎えた「桑田佳祐 LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!! 2007『よっ!桑田佳祐』SHOW」、28日公演に行って参りました。 ネタバレの内容を数多く含んでしまうため大晦日年越しライブまでちょっと記事にするのをためらっておりました・・・・。 大晦日の本日2007年12月31日、本年最…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白い恋人達 / 桑田佳祐

ジャケットをクリックしますと試聴できます 皆様、X'masはいかように過ごされましたか? 昨年、「クリスマスソング特集」というのをこの時期やったみたのですが今年はすでにクリスマスも終わり、年を越えようかというところまで来ておりますので、「冬真っ盛り!ウィンター・ソング特集」というのでもやってみようかなと思います…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

桑田佳祐/明日晴れるかな

2007年に入って桑田さんが発表した5年ぶりのソロ作品です。 ~試聴はこちらから~ 1:明日晴れるかな 2:こんな僕で良かったら 3:男達の挽歌 インタビューでこの曲を作るにあたり「エリック・クラプトンの461 Ocean Boulvardをつくっているような感じでやりたかった」とコメントしております。 「461オー…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

桑田佳祐 「風の詩を聴かせて」

が終わろうとしているこの時期、桑田さんの曲は妙に似合います。 8月22日にリリースされたこの「風の詩を聴かせて」も過ぎ去ろうとしている夏を惜しみたくなるこの時期の雰囲気に良く似合います。 すでに桑田さんの5年ぶりのソロ活動とソロとして初の映画主題歌採用ということから大きく話題になっているのは皆さんご存知…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

サザン・オールスターズ / さよならベイビー

試聴はこちらから:さよならベイビー サザンの曲は総じて「恋愛」や「夏」をイメージさせるものが多いですよね。最近の曲ではその傾向はかなり陰を潜めている感はありますが、やはり20年近く聴いている私にとっては 「サザン=夏」 という方程式はついてまわります。 桑田さんはあまりこの作品…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Kissin' Christmas~クリスマスだからじゃない / 桑田佳祐&His Friends

クリスマスソング特集の最終回第8回は桑田佳祐&His Friendsの「Kissin' Christmas」です。 作詞が松任谷由実、作曲が桑田佳祐という正に夢のコラボレーション曲で、有線ではこの時期必ずと言っていいほどリクエストがはいる曲です。 ですが、この曲はレコード屋に行っても手に入りません!!
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

CHRISTMAS TIME FOREVER / サザン・オール・スターズ

大好評だったSASin表参道2005 X'masソング第3弾はサザンです。 サザンといえば夏のイメージが強いのですが、そこは商魂たくましい桑田さん、きちんと冬のレコードセールスも計算に入れてクリスマスソングを発表しております。 まずはお聞きください。 CHRISTMAS TIME FO…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サザン・オール・スターズ / Ya Ya ~あの時代を忘れない~

試聴はこちらから(Real Playerが必要です) Ya Ya ~あの時代を忘れない~ いまさら言うまでもなくSASの1982年に発表された16枚目のシングル、そしてSASを代表する初期のバラードの傑作です。私的には「いとしのエリー」よりも好きです! 実はSASの曲をこのブログできちんと記事にするのはこれがはじ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桑田佳祐 「KEISUKE KUWATA」

1. 哀しみのプリズナー 2. 今でも君を愛してる 3. 路傍の家にて 4. Dear Boys 5. ハートに無礼美人(Get out of my Chevvy) 6. いつか何処かで(I feel the echo) 7. Big Blonde Boy 8. Blue~こんな夜には踊…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

SASニューシングル:「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」

あいかわらずエロティックなジャケットですなあ・・・。 「SASニューシングル 8/9発売!」でおしらせしましたようにサザンの8/9リリース新曲「「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」が発売されますが、発売に先駆けてスペシャルサイトが開設されました。 http://www.sas-fan.net/2006summer/…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

SASニューシングル 8/9発売!

夏が来る!サザンが来る! ・・・・・と行きたかったのですが、 何せ今朝最後の夢を託し早朝早起きしずっと応援していたのですが・・・・。 残念! でも玉田君、君はカッコイイ!岬くんは君だったか!よく戦いました、全日本! さて、気分を変えて今年の夏もサザンで熱くなる! 通算52枚目となるシングルのリリースが決…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

SASに見るエロの美学

サザンの曲は桑田さんのその性格かキャラの影響か結構エッチというかエロな内容の曲が多いですよね。その代表が「女呼んでブギ」(デビューアルバム「熱い胸騒ぎ収録」)ですが・・・。なんてたって女 呼んで もんで 抱いて いい気持ち  夢にまで見た Rug and Roll 女なんてそんなもんさなんて歌ってしまうなんて、当時にしてみればマジやばい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

桑田佳祐「ROCK AND ROLL HERO」

桑田さんのソロ作品ってSASのより好きだったりすること、よくあるんですよね。僕がSASにのめりこんでいったきっかけもSASの曲ではなくて「KEISUKE KUWATA」という1stアルバムからでしたしね。 あと昔やっていた「KUWATA BAND」なんて当時のSASじゃ実現不可能な超ハードロックに挑戦みたいな感じでしたし、自由…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more