流行語大賞にはならない「ポポポポ~ン」

画像

おそらく日本国民でテレビを見る方のほとんどが脳裏に焼き付いてしまったこの曲。
なんとなく口ずさんでいませんか?
こんにちは(こんにちワン)
ありがとう(ありがとウサギ)
こんばんは(こんばんワニ)
さようなら(さよなライオン)

まほうのことばで
たのしいなかまがポポポポ~ン

おはよう(おはよウナギ)
いただきます(いただきマウス)
いってきます(いってきまスカンク)
ただいま(ただいマンボウ)
ごちそうさま(ごちそうさマウス)
おやすみなさい(おやすみなサイ)

これの解説はは後にするとして、CMの自粛でまさに洗脳されるかのごとく流されたACのCM。
震災直後はテレビ局各局が報道をずっと続けたためCM自体がカットとなりましたが、その後CMの自粛を各スポンサーが行った結果、ACのCMがリフレインのように流れ続けるという状態が発生しました。
どうしてどうして、ぼくた~ち~は♪という曲が流れたあなたは多分私と同世代)
サウンドロゴ「エ~シィ~~」が耳障りだ!というクレームから削除されるという事態まで発生したこの事象は改めてテレビってなんだ?マスコミってなんだ?と考えさせられました。

あれから各社の自粛もおさまりつつあり、また世論としても「行き過ぎた自粛はおかしい」という声が多くなってきたこともあり、ACのCM一辺倒はなくなりました。
ですが、緊急時や今回の未曾有の事態において特に民放の放送の在り方を強く再検討する必要があるのではないでしょうか?

ではあの時、もう見たくないというほど見させられたACのCMを集めてみました。

画像これは「見える気持ちに」というCM。
宮澤章二さんの詩「行為の意味」に込められたメッセージをきっかけにして、すべての人が持っているやさしい気持ちが、たくさんのあたたかい行為となって世の中に生まれてほしいという願いから制作されたそうです。
個人的には数多く流れてさえいなければ結構好きな演出。

画像そしてこれは「あなたは、毎日きちんと子どもに触れていますか」と親たちに問いかける「あなたの手当て」


画像パロディとしても使われるようになった詩人・金子みすゞの詩をモチーフにした「こだまでしょうか」
これはACの東京地区だけのキャンペーンなんだそうです。
これもフレーズがかなり頭に残りますよね。
こだまでしょうか??
いえ、ひかりです。

画像国境なき医師団の活動をストレートに表現した「国境を越えた医者」

画像「オシムの言葉」はちょっとドキッとしました。
というのも私のオヤジも突然脳卒中で倒れましたし、それが元で帰らぬ人になりましたから・・・

画像「ちょっとだけバイバイ」はリサイクルを子供目線で訴えた作品。
これも個人的には過剰なまでに放映されなければ結構気に入っていたかもしれません。

画像本人の意思とは全く関係なくこのCMの大量投下のおかげで時の人となってしまい、
批判まで受けてしまった仁科亜季子・仁美親子が出演するこの作品。多分この現象のおかげで本来訴えたかったがん検診の大切さということから震災のイメージがついてしまったのではないでしょうか?それがご本人たちの意思と反する事象であるならやはりマスコミの在り方を考える必要があると思います。出演者の意思と反した過剰な放送回数による批判はやはり考えるものがあると思います。

画像通常でいけば流行語大賞間違いなしの「ぽぽぽぽ~ん!」のCMですが、あれは正式には「あいさつの魔法」というタイトルで東急エージェンシー北海道支社が制作しただそうです。

制作意図としては
「挨拶の励行を、低学年までを対象に企画しました。
挨拶をするたびユニークで楽しいキャラクターが登場し、友だちが増えていく様を、歌とアニメーションで表現。挨拶は楽しいこと、友だちが増えるのは素敵なこと、というメッセージをこども達の心に届けます。」



ということで、普段は何気なく見ている、流しているCMが何回も大量に繰り返されることによって引き起こされた事象です。なぜあんなにACのCMが流されたか?という問いにはすでに多くの方が語られていますので記しませんが、企業広告ありきで編成が成り立っているが故に代替案も効かず・・・。

大手の特権、情報という大きな権力を持っていることを自覚してちゃんとあいさつしましょうね!



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

この記事へのコメント

ショウ
2011年05月30日 20:22
「さよなライオンズ」
というのが野球好きの間の合言葉になってます。
(ライオンズファンの方すみません)

啓蒙CMって時には大事ですね。
でも「エーシ~♪」のフレーズがリフレインして…(どうしてどうしてぼくた~ち~は…)
泣きそうでした。

あいさつ、大事にします。

この記事へのトラックバック

  • 仲間増える『あいさつの魔法』CM 仲間消えた被災者には苦痛

    Excerpt: 繰り返されるメッセージCMのなかでも、お母さん層を中心に好評なのが『あいさつの魔法』だ。  犬やウサギ、ワニ、ライオンなど、アニメのゆるキャラが歌に合わせて登場し、「こんにちワン!」「ありがとウ.. Weblog: 奇妙奇天烈スタイル racked: 2011-04-19 10:41