タイムボカンシリーズ 「ヤッターマン」

画像

あの「ヤッターマン」が帰ってくる!!!
伝説のアニメ「ヤッターマン」誕生30年目の復活!
読売テレビ・日本テレビ系で2008年1月14日スタート!!

という触れ込みで1月14日は日テレ系は朝からにしおかすみこやら、ドロンジョ様のコスプレギャルやらが登場していました。

で!

1月14日当日見てみたのですが、正直ちょっとがっかり・・・・

画像*ジャケットをクリックしますと試聴できます
何がって「音屋吉右衛門」なる野村義男氏と世良公則さんのユニットが歌うその主題歌・・・確かに渋いのですがちょっと物足りなさが否めないのです。更にやむを得ないのですが画像があまりにもデジタルチックでタツノコプロっぽくないのです・・・。
アニメタルのときはカッコイイなああとかおもったのですが、やはりコースティック調にしているからかな??なんか迫力不足・・。

やはりヤッターマンのオープニングはこうでないと・・

画像
ポチっとな

ヤッターマン(オープニング)

いまさら説明不要の土曜の夕方6時半からのお楽しみのアニメ「タイムボカンシリーズ」第2弾となった「ヤッターマン」。主題歌は燃えよドラゴンズの作曲でも有名な山本正之氏。
その独特なこぶし回しとユーモラスな歌い方はタイムボカンシリーズのユニークさをしょっぱなから盛り上げてくれます。

画像
ヤッターマンのストーリーは結構単純明快。
インチキ商売をして悪事を働いている悪玉トリオにドクロベエと名乗る人物がドクロストーンなる金塊のありかを記された石を見つければ山分けすると誘われ手下となる。
その魂胆を止めるべく主人公二人はメカに乗って悪事を阻止する。
前半悪事が成功しそうになるが、ヤッターマンのメカの元で造られたビックリドッキリメカにて反撃、撃退。悪玉トリオはドクロきのこ雲を出して木っ端微塵。
そして最後は勝利のポーズでヤッターマンをキメ、悪玉トリオにはドクロベエからのきつ~いお仕置き・・・・。

今回のリメイクは日テレのあの異常なまでのプロモーションからして「親子二世代の視聴率を獲ろう!」という魂胆がありありと感じるのがどうにもカンに触るのです。

ヤッターマンはコテコテだからこそ面白いのであって、お洒落っぽくしてしまうと当時の勢いがなくなってしまうと思うんですよねえ~。

そんなテレビ局の魂胆には・・・

お前達!やぁ~っておしまい!!
アラホラサッサ!


画像タイムボカンシリーズと言えば悪玉トリオ。タイムボカンでのマージョ、グロッキー、ワルサーという3人から、よりコミカルになったヤッターマンシリーズではおなじみドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーという3人が登場します。
またこの親玉としてドクロベエなる謎(?)の人物が登場します。
この悪玉トリオはシリーズを通じて全て登場しており、役柄こそ変われどキャラの変更は一切なく
「偉大なる悪役」としてアニメ史上に名を残しております(?)

彼らが何が良いってそのキャラクターよりもお決まりのセリフ!

ドロンジョ様の
「やぁぁ~~っておしまい!!」
ボヤッキーの
「はぁ~い、全国女子高生のみなしゃぁ~ん」
「今週の山場!!ポチっとな!」

ドクロベエの
「お仕置きだべぇぇ~~!」

はたまらない決めゼリフ!かならず誰しも一度は使ったはず!
このキメ台詞は親子二代でつかってもいいでしょう・・・(?)

愛すべきメカ達

ヤッターマンが乗るヤッターワン、ヤッターペリカン、ヤッターキングなど多彩なるメカはこのアニメの楽しみの一つではあったでしょう。
今週のビックリドッキリメカに代表されるダジャレ満載のメカ達は可愛くもあり、楽しくもありました。(*ヤッターマンが搭乗しているメカについては→ヤッターマンメカニックを参照)

とは言えやはり天才ボヤッキーが作り上げるメカはギャグセンスのみにおいてはヤッターマンのガンちゃんを上回っているのは紛れもない事実でしょう。

画像その数々のメカの中でも特筆すべきは何と言ってもおだてブタ

「ブタもおだてりゃ木に登る」
という言葉は本当に諺と勘違いしている人もいるくらいですから。
歌も作られその名も「おだてブタ」(*試聴できます)は結構流行りました。

他にも「ドッチラケメカ(ちんちろりんのドッチラケと言う)」、「オロカブ」など悪玉トリオがやられる間際に搭乗するメカ達を私は愛して止みません。
(笑いながらも当時「だったらもっとちゃんとしたメカ作ってヤッターマンに勝てよ!」とか思ってましたが)

画像その悪玉トリオが正義に買っていくというストーリーはゲームで実現します。
PS2に一時はまっていた時期があり、何か面白いシューティングゲームがないかな?とゲーム屋を物色していたときに「ボカンですよ」というゲームを見つけ、ストーリーが悪玉トリオが主役というのに惹かれ買ったのですが非常によく出きたゲームでした。なおオリジナルアニメも挿入されていましてファンならずとも楽しめるゲームでした。
アニメパート部分のみYou Tubeで試聴できます。

画像な、なんと2009年春に実写版『ヤッターマン』がロードショーされるという情報があります。
どうやらこちらのほうがおもしろいかも・・・・。

配役は生瀬勝久がボヤッキー、ケンドー・コバヤシがトンズラー。そしてドロンジョ役にはなんと深田恭子だそうで・・・・。

ということはこの三人が最後にこのシーンをちゃんとお仕置き三輪車に乗ってお仕置きを受けるのですかかね???

画像
*このTシャツは日本では販売していません。

参考URL
ヤッターマン公式HP:http://yatterman.jp/
実写版ヤッターマンHP:http://www.yatterman-movie.com/

カフェ・喫茶店人気ブログランキングへ

ヤッターマンPerfect Book―タイムボカンシリーズ (別冊宝島 (851))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年01月17日 18:15
見逃しましたぁ~(T_T)(T_T)
見ようと思ってたのに
その日は焼肉行った日なんですよ。
ビデオも取り忘れたし…
楽しみにしてたのに…
次回は必ず見るもんね♪
2008年01月17日 18:43
ケン坊さん
それは残念でしたね。
でも、それほど落ち込まれなくとも1話完結型なので次回からでも大丈夫ですよ。
ショウ
2008年01月18日 09:36
普段どーしても、ボタン押す時「ポチッとな」と言ってしまいますよね(笑)。
リメイクには賛成半分、反対半分の妙な気持ちです。
自分らにしてみれば想い出はその時のままでと思いますが(比べちゃうので)、新しい世代には現代版勧善懲悪(でもコミカルで憎めない)を見てもらいたいです。
わっかりやすいんですよね、内容が。
でも、メカデザインが大河原邦男さんだったり、細部がしっかりできてます。
自分はドロンジョ様とビックリドッキリメカのファンです(笑)。

2008年01月18日 10:14
観てました、息子が嬉しそうに。
私は懐かしさを感じましたわ。
「やぁぁ~~っておしまい!!」を口癖にしたいと思います。
2008年01月18日 16:19
ショウさん
ドロンジョさまは結構Sキャラで人気らしいですね。
私も憎めない悪役のこの3人は好きなんです。
現代版もこの辺りは変わってほしくないですよね。
ポチっとな。
2008年01月18日 16:23
人魚姫さん
息子さん、結構センスよろしいのでは?
ぜひお子様世代にも人魚姫さんが「やぁぁっ~~っておしまい」と言われたら「アラホラサッサ」と返事してもらいたいです。(笑)
2008年01月18日 16:37
僕はタイムボカンシリーズの「ムテキング」というシリーズが大好きでした。
今回のヤッターマンを初めて見る子供達は新しいアニメとして楽しみにしているのかも知れませんね。オールドファンは違和感あるのでしょうけど・・。
2008年01月18日 17:54
kakiさん
ムテキング・・・ありましたね。確かローラースケートでタコみたいな敵をやっつけるんですよね。あれもタツノコプロでしたよね。今のちびまるこちゃんの枠で放送していたと思います。

そっか、今の子供にとっては新しいアニメだからそういう目で見ないといけないかもしれませんね。
2008年01月20日 09:49
私も見忘れました~><
実写版の深キョンは楽しみ?!
どうなることやら気になります☆
2008年01月20日 17:55
masabiさん
ホント、どうなんでしょね??適役か否かはあのセクシー&ワルっぽさなんでしょうね。
私はてっきり藤原紀香がやるかとおもってました・・。
2008年01月20日 21:49
タイムボカンシリーズではヤッターマンが
一番好きでした。やっぱり次世代には、
再放送で見てもらいたいですね。
あのメカニックデザインはガンダムなどの
メカもののデザインの大河原邦男さん
なんですよねー。しかも私は中学の同級生
とヤッターマンの歌で踊りを考えてました。
2008年01月21日 00:41
えびさん
へえ~、そうなんですか。メカデザインがガンダムと同じ方とは知りませんでした。
えびさんが考えられた踊り。ちょっと関心あります!観てみたいな。(^^ゞ
2008年01月23日 06:17
おお!藤原紀香☆
ほんとですね~。
大人っぽくなりすぎるからNG?!
そう考えると深キョン位がいいのかな^^;
2008年01月23日 10:08
masabiさん
でしょ?
ドロンジョさまって大人の魅力と色気ムンムンみたいなイメージが子供のころにあったので(汗)。

さて、実写版はどうなりますかね?面白いといいんですけど。
アニ
2008年01月27日 15:07
個人的にはヤッターマンよりゼンダマンの方がよくできていると思うケド、ゼンダマン以降のタイムボカンシリーズは6時50分を過ぎると視聴率ががた落ちだったからナ。八奈見氏がぽちっとなと言うとだいたいその30秒後に裏でドラえもんが始まる段取りみたいにナってたから。当時の子供達にとってぽちっとなが、そろそろドラえもんが始まるよーという合図になってた。
2008年01月27日 18:36
アニさん
コメントありがとうございます。
確かに当時ドラえもんが10分枠であったので途中でチャンネルを変えていたかも・・・。
いいことを思い出させてくれて頂きまして感謝です。

この記事へのトラックバック

  • ヤッターマン

    Excerpt: ヤッターマンが実写化されるそうですね。 Weblog: wasuremono racked: 2008-12-19 04:33