Wood Eight Cafe

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨーク・シティ・セレナーデ/クリストファー・クロス

<<   作成日時 : 2010/05/24 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

画像

この時代に生きていて良かったなと思うこと、もう少し早く生まれたかったと思うこと・・いくつか感じることが日々あります。
私の場合、ビートルズをリアルタイムで体験できなかったことを悔いたものでしたが、事洋楽に関して言うならば

80年代をリアルタイムで経験できて本当に良かった

と思います。キラキラした街の雰囲気を色づけるように流れていた洋楽は、各々が個性溢れ今も色褪せることなく通用する楽曲がとても多いと思うのは私だけではないはずです。

そんな私にとって、FM東京(現TOKYO FM)の毎週土曜日午後2時から放送されていた「ダイアトーン・ポップスベストテン」(現コスモ ポップス ベスト10 )は貴重な情報収集ソースでした。
(*当店バックナンバー「ベストヒットUSA」参照)

毎週、学校から戻って今は亡き親父の書斎にあったパイオニアのステレオ(*その当時のステレオCMをリンクしてみました)のスイッチをONにし、そして流れていた曲でとても印象に残っていた曲がこれでした。

Arthur's Theme (Best you can do) / Christopher Cross


画像この天使のような美声の持ち主の名はクリストファー・クロス(Christopher Geppert Cross)
1979年、アルバム『Christopher Cross』(邦題『南から来た男』)でデビューし、同アルバムとシングル『Sailing(セイリング)』がいきなりの大ヒット!
セイリングはビルボードで1位を獲るわ、1980年のグラミー賞の5部門を独占するわで一躍AORを代表するアーティストとなります。

私は「ニューヨーク〜」がこのアルバムに収録されていると思い込んで黎紅堂(*貸しレコード屋の名前です)まで行って借りてきたら収録されていなくてがっかりした思い出があります。
とは言えこのアルバムは「セイリング」以外にも「Ride Like The Wind (風立ちぬ)」「Never Be The Same(もう二度と)」「Say You'll Be Mine」など数々の名曲が収録されておりそれはそれで満足したのですが・・・。

この、「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」は、ビルボード(Billboard)誌で1981年10月17日に週間ランキング第1位を獲得する大ヒットとなります

ちなみにこの曲のオリジナルタイトルは
「Arthur's Theme ( Best That You Can Do )」
映画『ミスター・アーサー』に使われた曲だそうですが映画の方は私はまったく知りません。

なぜ「ニュヨーク・シティ・セレナーデ」という邦題が付けられたかなんですが、単にこの映画の内容がニューヨークを舞台にすることからそれにちなんで付けられたタイトルなんだそうです。
変な邦題がつくこともよくありますが、これは美しいメロディと彼の天使のような美声のイメージにピッタリなとても良い邦題だと思います。

画像ちなみに「NEW YORK CITY SERENADE」という本当の英語タイトルではBOSSことブルーススプリングスティーンの名曲で存在します。(これも名曲です
試聴はこちらより→NEW YORK CITY SERENADE/Bruce Springsteen

〜ちょっとがっかりした瞬間〜

これだけの美しい旋律、声・・・さぞかしイイ男なんだろうなあと当時思っていました。
トレードマークのフラミンゴでしかアーティスト表現をしていなかったのでその神秘性は高まる一方でした。

多分グラミーの授賞式かなにかの映像だと思うのですけど彼の姿を見た瞬間・・・



画像人を外観で判断するものではないのですが、あれだけの美声ですからさぞ、天使のような人なんだろうなあと勝手に思ってしまった私が悪いのです!
決して彼に非はないのですが、若気の至りと言いますか、がっかりしてしまったんですよね。
曲と風貌が一致しないって・・。

これ、最低な感想だと思うんですけど、若気の至りを吐露させてください。

画像1983年に発表された2ndアルバム「Another Page」は洋楽にドップリ浸かっていた私にとってはまさに待ちに待っていたアルバムでした。全米チャートでも順調に上昇しそしてそのアルバムからシングルカットされた「All Right」 (*試聴できます)はさわやかなウェスト・コースト・サウンドを彷彿させる楽曲で私は大好きでした。この曲はその後、よくドライブ用のカセットにも収録したものです。

もちろん、カセットレーベルはFM STATIONの表紙でお馴染み!鈴木英人氏の専用カセットレーベル!

FM STATION付録のカセットレーベル
画像

この雑誌、もう一度音楽総合誌として復刊してくれませんかね??

*5月25日はお袋の命日なのですが、なんとなくこの曲が思い浮かんでしまい、つれづれなるままに記してみました。

参考URL
オフィシャルサイト:http://www.christophercross.com/

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ヴェリー・ベスト・オブ・クリストファー・クロス
ワーナーミュージック・ジャパン
2002-10-23
クリストファー・クロス


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
クリストファー・クロスが好きな奴がいてね。ゴカメのずっと前の同じバンドにいたんだが、彼は自分で曲も書いててそれがクリストファー・クロスばり、だった。僕はと言えば断然ブルース・スプリングスティーン派だったね。
Goteauxsson
2010/05/24 23:49
兄貴のお気に入りの曲を集めたカセットテープに入ってましたよ!この曲。
僕も随分そのテープを聞きこんだものです。
写真初めて見ました。こんな方だったとは・・。

マスターさん僕は言わずと知れたFMステーション&鈴木英人ファン!
絵の中のリボンと点みたいな模様が「光と風」を表していたことももちろん知っています(笑)
同じく復刊を望みます。
kaki
2010/05/25 16:45
こんばんは、マスター様♪
FM STATIONですね。ビルボードのチャートを見たくて買った記憶があります。FM自体には関心が薄かったけどダイアトーンの番組はトリオ(現ケンウッド)のコンポで聞いてました。
80年代もFM番組も今では思い出ですがクリストファー・クロスの楽曲は緑の美しい季節に心地よく響きますね。不朽とはこういうものなのかと一人納得するもいとをかし。
不思議の音楽館
2010/05/26 01:01
ニューヨーク・シティ・セレナーデって。。
あの曲かな〜??なんてうろ覚えでしたが
確かにきれいな声でした。それと一緒に
今より昔の方が音楽聴いてたな〜って。


デナーダ
2010/05/26 16:35
つまりお友達はAOR大好きっこだったというわけですね。BOSSのニューヨークは渋くっていい味出していますよね。
なんか、アメリカの都会の若者の歌ってイメージですけど。。。(歌詞知らないんで)
マスターからGoteauxssonさんへ
2010/05/27 13:15
その世代に青春をされている方は必聴な曲ですから、多分お兄様も同じではなかったのではないでしょうかね?(笑)
FMステーションは結構今、また受けると思うんですよ。インターネットラジオとかの案内とか。ネットがこれだけ普及していると雑誌は難しいかな??
マスターよりkakiさんへ
2010/05/27 21:17
FMを私は最近良く聞きます。東京と大阪のみなんですが、サイマル放送の実験が始まっていてもしかしたらネットで今のFMが聴けるようになるかもしれません。著作権の問題がありますので全国でとはいかないようですが。

ラジオはナガラ族には良いですよ。それにテレビより最近は面白い気がしますね。
マスターより不思議の音楽館さんへ
2010/05/27 21:21
大人になると忙しくってなかなか音楽をゆっくり聴けなくなりますが、なかなかどうして聴こうと思うと結構1日が楽しくなります。
私は最近、携帯やスマートフォンで聴いている延長で家でよく聴きますよ。テレビから開放されつつあります。朝くらいしか見なくなってますね。
マスターよりデナーダさんへ
2010/05/27 21:23
きれいな歌声ですよね〜。
数年前、ブルーノートで感激し、そこで
アルバムを買って握手してもらいました。
キャップ被って、この巨体のこの人が
あんなきれいな声を…って私も思いました。
えび
2010/06/12 20:07
ご返事が遅れてしまい申し訳ありません。
実際にご本人に会われたのですか!!

うらやましいですね。サインもいただけたのでしょうか??
マスターよりえびさんへ
2010/06/24 13:25
彼は「テキサスのかぼちゃ」と呼ばれていました。だから彼のLPジャケットは、いつも「絵」でしたよね。でもリチャード・クレイダーマンも現物は「頭のデカイ火星人」でした。それはさておき、80年代は良い時代でしたね!
fighter-k
2010/06/28 18:23
返事が大変遅くなり本当に申し訳ありません。
まずはお詫びします。
さて、クリストファークロスですが、今も現役ですが、あの美声を生で聞きたいものです。80年代音楽はMJ逝去の影響もありますが再評価されていますよね。多分90年代も評価されてくるかもしれませんが、音楽が元気だった時代は80年代までだったかなあと思います。
マスターよりfighter-kさんへ
2010/07/13 16:42

コメントする help

ニックネーム
本 文

沖縄を感じよう☆彡



人気ブログ投票

画像
「カフェ・喫茶店」ランキングにエントリーしております。応援していただけますと幸いです。
ニューヨーク・シティ・セレナーデ/クリストファー・クロス Wood Eight Cafe/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる